深森の帝國§総目次 §物語ノ時空葉影和歌集 〉「神ノ火」

神ノ火

空に遍く 押し寄せ群れて、
黒く闇めく 雲の八重波、
重く乱れる 異界の空気が、
閃光に裂かれて 震えだす。

しきりにひらめく 天地の梯子、
遥けき虚空も ものとせず。
あれは異界の 天ツ御柱、
果てにあるのは 地球なのか。

山に野に 灰陽炎は 舞い狂い、
歪みて 澄みて 見えもせず、
ただ轟々と 鳴り渡る。

世界は激動の波目に 呑まれて、
怒濤に消えて 色目なし。
ああなお暗い 昼下がり、
草木岩根が 喚き居て、
残れる震も 消えぬ間に、
またも沸き立つ 禍ツ霊よ。

烈しき揺れに 皹割れて、
口を開けゆく 彼の山に、
神の血潮の かたちして、
火霊色こそ 浸み透れ。

我や先、人や先、
目はかすみ、息は詰み、
誰とも知れぬ 手を追うて、
時をも知れず 駆け抜ける。

灰神楽、灰神楽、
あつく覆える 坂の上、
焼けて爛れて 神崩れ、
いつとも知れぬ 雨ごとに、
山を枯らしぬ――
川を枯らしぬ――
我が 愛しきひと 埋めらる。

いつしかも 陽はまた 雲間に輝いて、
はや遠白く 傾きぬ。
雲間より 斜めに陽は洩れ、
遠く消え行く 暗き異界。

うら麗し 山――
うら悲し 春――
うら恋し 君――
雪な踏みそね……

そらにあまねく おしよせむれて、
くろく くらめく くものやえなみ、
おもくみだれる ヨミの空気が、
ひかりにさかれて ふるえだす。

しきりにひらめく てんちのハシゴ、
はるけきそらも ものとせず。
あれはヨミの アマツミハシラ、
はてにあるのは ホシなのか。

ヤマにノに はいかげろうは まいくるい、
ゆがみて すみて みえもせず、
ただゴウゴウと なりわたる。

せかいは シャクジのナメに のまれて、
ドトウにきえて イロメなし。
ああなおくらい ひるさがり、
くさきいわねが おめきゐて、
のこれるなゐも きえぬまに、
またもわきたつ マガツヒよ。

はげしきゆれに ひびわれて、
クチをあけゆく かのやまに、
かみのちしおの かたちして、
カグツチいろこそ しみとおれ。

ワレやサキ、ヒトやサキ、
めはかすみ、イキはつみ、
たれともしれぬ てをおうて、
トキをもしれず かけぬける。

はいかぐら、はいかぐら、
あつくおおへる さかのうへ、
やけてただれて かみくずれ、
いつともしれぬ アメごとに、
やまをからしぬ――
かわをからしぬ――
ワがはしきひと うづめらる。

いつしかも ヒはまた くもまにかがやいて、
はや とおしろく かたぶきぬ。
くもまより ななめにヒはもれ、
とおくきえゆく くらきヨミ。

うらぐはし ヤマ――
うらがなし ハル――
うらごいし キミ――
ゆきなふみそね……

伝承歌(ツタエゴト)/葉影和歌集

並行作品:霧島-新燃岳(しんもえだけ)噴火に捧ぐ詩歌(2011.1.26噴火)

いにしえの神話を秘めし 大地の底で
神々が 身震いするとき

にわかに さざめきを止めて
耳をそばだてる 野神(ノヅチ)の小さき子供ら

青い空に 一陣の白蛇(ナチ)が
翼持て 羽ばたくのを見れば

ナヰフル……ナヰフル

地鳴り 炎(ほむら)なす 沸き立ち
黄泉国(よもつくに)の禍(わざわい)に満てり

猛り狂える 大地のさなかに
我ら尽(ことごと)く 使うべき言葉を失い

おおイザナミ、イザナミの逆声(さかごえ)

地鳴りの後を 追う如くに
裂けてゆく 暗い火口の丘
瞬く間に 灼熱の血潮をたたえ

丘は崩れて 沼となり
沼の上に噴き上がる 水、泥、大小(ことごと)の石
激(しげ)く揺すれる 地の平に
あやしき光が 駆け抜ける……

天を指して 驕れる高楼が
屈(かが)み折れて 燃えるとき
火の粉 地上に降り注ぎ

…火の海、火の海
全てを焼き尽くす 劫火の海よ
恐ろしくもまた 美しき花々とも見え

豪雨なす降灰 限りなく
ふもとの里を 埋め立てて

いちめんの
いちめんの 焼け野原…

在りし日の 行方も知らず
数多(あまた)の涙を 踏みしめて
火の海に沈む国を 再び築くものなのだ
虚しくも現(うつ)しき青人草、我ら生けるものらは…

終わり無く 此処はナヰフル
喪神の大地は また荒(すさ)ぶ

汝(なんじ)、炎の海を泳ぐものよ
由無くも 命が 絶えるまで


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺