深森の帝國§総目次 §物語ノ時空葉影和歌集 〉「青嵐」

青嵐

せり上がる 日輪の軌道
鈴の音さざめき 鳴り渡る……

温める海より 風が起これば
桜の花が 散り落ちぬ

ああ 名残の春よ 日影まばゆし

舞い散る花も 野辺の蝶も
霊翻り あおい空を かき乱す――

亡き人と 行き逢う時空に 季節が巡る
何よりも 近くて遠い 夢の国
青嵐激く 吹き敷くところ

目眩めく 五月の陽光の しろさ まばゆさ
燃えるような 躑躅のにおい
切なく寂しく 解びゆく……われは

白い雲は 雄々しく形を成し
海を遊ぶ魚群のごとく
八重波山を おし渡る

せりあがる 日輪の軌道
すずのね さざめき なりわたる……

ぬくめるうみより かぜがおこれば
さくらの花が ちりおちぬ

ああ なごりの春よ ひかげまばゆし

まいちる花も のべの蝶も
たまひるがへり あおいそらを かきみだす――

なきひとと ゆきあうにわに ときがめぐる
なによりも ちかくてとおい よみのくに
セイランしげく ふきしく ところ

めくらめく さつきのひかりの しろさ まばゆさ
もえるような ツツジのにおい
せつなくさみしく ほろびゆく……われは

白い雲は 雄々しく かたちをなし
海をすさぶ なのむれの ごとく
やえなみやまを おしわたる

憂偲歌(シノビゴト)/葉影和歌集

解説

古来、霊は空気をかき乱すもの、と思われていた節があります。強い力を持った言霊も同じで、 「青い空をかき乱す」というくだりは、この想念を反映しています。

おそらく、同じものを見ている――と思われたポエジーを、以下に採用してみました。

◆ゲルマニア ――「ヘルダーリン詩集」より
――わが身に起きたことも覚えぬままに ひとは
――かつてあった者たちの幻を感じ
――地を新たに訪(おとな)う 遠い世の者たちを感じ取る。
◆ヘルダーリン:「追想」
――海は記憶を奪い、そしてまた与える
◆山中智恵子『虚空日月』
――水ゆかば秋草ひたす雲離れ空に陥ちけむ声玲瓏(もゆら)なる

実のところ、何を表現しようとしたのかは、うまく説明できない――という気持ちのほうが強いのですが、 哲学的表現で言うならば、虚空の中に自我が分解する、といったものに近いです。

風の流れ、雲の流れと一体化する〈経験の地平〉とは、そういう事ではないでしょうか。 虚空を見つめ、虚空に魅入られているうちに、いつしか「私」の無い、虚空の深淵が開けるのです。 そこは、深い色合いの光と影が変転する、限りない時空であります。

亡き人を思う――または、追憶――という、人間の心の機能。

それは、〈深淵〉と交差する可能性をはらんで広がるものに違いありません。


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺