深森の帝國§総目次 §物語ノ時空葉影和歌集 〉「あじさい」

あじさい ―― 緑の袖の梅雨美人

緑も深き 木下闇に
静かなるもの あじさいは
ためいきしろく ほの匂う

夢 食(は)む如き 五月雨の
薬玉 薫(くゆ)る かたちして

誰恋うゆえに 赤にや咲くらむ
誰去ぬゆえに 青にや咲くらむ

色も定めぬ あじさいの
雨の水色 妙(たえ)に思ほゆ

水霊(みづち)に巻かれて 色こそ匂え
緑の袖の 梅雨美人(つゆ-びじん)

誰か心を 思わざる――

祈呪歌(ハフリゴト)/葉影和歌集

解説

アジサイの花は、不思議に人の姿に似ているところがあると感じます。

ところで、アジサイの学名は「Hydrangea」(ヒドランジア/ハイドランジア)、ギリシア語で「水の器」を意味するそうです。

花言葉では「移り気」「冷淡」などといったキーワードが目立ちます。 これは恐らく、アジサイが含む水気や、水そのものの、余りにも滑らかな移ろいや淡泊さを感受した結果としての、 キーワードでは無いかとも思われる所があります。

アジサイには、これといった香りもありませんので、 「香を聞く」という意味では、「無香ゆえの、そっけなさ」といった物も感じられるのかも知れません。 日陰の花、沈黙の花――といった印象も、強いものがありそうです。


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺