深森の帝國§総目次 §物語ノ時空葉影和歌集 〉「夜の旅幻想」

夜の旅幻想――斎つ岩群なす孤独の調べ――

霧も深き 山奥の
斎(ゆ)つ岩群(いわむら)に 入り日さし

遠(とお)つ神 笑みたまえ
遠(とお)つ神 笑みたまえ

影はゆっくり 流れ出し
闇を漂う 色となり
永遠(とわ)の裂け目に 落ちてゆく――

夜の旅路を 行く者は
舞い降りる 葉影の如く
すべての星と 共鳴しつつ
無限の底を ひるがえる――

地上の森は 宇宙(そら)の一列
生と死の 無限の相剋
回り続ける 小さきものよ
その眼差しは 幾星霜――

光と影は 定め無く
天地(あめつち)境(さかい)を 揺れ動き
我らも知らむ 地球(ほし)のゆるぎを

遥か入り日の 漂う果てに
絶えず湧き鳴る 時の大河よ
空の彼方 海の彼方に すべては流れ過ぎてゆく――

流れ果つ 遠き渚を
なおも延び行く 宇宙(そら)の軌道(みち)
透み明らかなる 生命の 偉大なる樹の かたちして
《無限》の底に 深く繁れ――

限りなく――限りなく 巨(おお)きな旅路
星辰の道より なお遠く――

…現世(うつしよ)は
いとも 小さき 道程の
はかなき 夢の 如くなり…

巡り会い――留(とど)め難くも別れ行く――交差の岸辺
遥かなる友よ――地球(ほし)の影を 伴にせよ
夜の旅 他に道連れ 無き故に

霧も深き 山奥の
斎(ゆ)つ岩群(いわむら)に 影さして
幽(かそ)けくも 清(さや)かなる夜は宿れり

永遠(とこしえ)に 星の軌道が 別れる処
淋しき神は 差し招く
さ迷える魂の いと孤独なる 夜の旅路に――

遠(とお)つ神 笑みたまえ
遠(とお)つ神 笑みたまえ

孤独な旅の 道連れは
夜ごと落ちゆく 地球(ほし)の影…

祈呪歌(ハフリゴト)/葉影和歌集

反歌

|岩群に夕べの陽差し斜めなり影にも知らむ地球のめぐりを
いわむらに-ゆうべのひざし-ななめなり-かげにもしらむ-ほしのめぐりを

|道野辺の色も幽けき夕葉影遠神笑みしいにしへ思ほゆ
みちのべの-いろもかそけき-ゆうはかげ-とおかみえみし-いにしへおもほゆ

|限り無く孤独なる星運命の道の影さえ惜しむべきかな
かぎりなく-こどくなるほし-うんめいの-みちのかげさえ-おしむべきかな

解説:心理学的観点から見る「夜の旅」

「夜の旅」――「ナイト・ジャーニー」とも呼ばれ、 無意識への旅ないし集合意識(「神」と呼ばれるもの)の深層部への旅を意味する。

「英雄の試練(未知の世界への冒険)」に属するジャンルの神話物語群は、「夜の旅」と全く同じ構造をしている。 「行きて帰りし物語」、「帰らざる物語(世界の秘密を知って/偉業を成して天へ召される)」という異なる バージョンがあるが、いずれの神話物語についても、その全編を貫くテーマは「イニシエーション」もしくは「死と再生」だ。

「自立すること」と「孤独になること(精神的な意味で死≠贈与されること)」が、 実に同じ意識フェーズの裏表であることと関係するのである。


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺