深森の帝國§総目次 §物語ノ時空葉影和歌集 〉「刀身」

刀身

往古のはるけき 天雲に舞うたか、
青鈍色の 風切羽。

刃紋は 雲の形をうつして流れ、
刃先は 雷の光をうつして翻り――

今は 羽を休める鳥のように、
静に 台の上に眠れるもの。

内に秘めし玉鋼が見るのは、
往古の蹈鞴の夢か、
それとも己の選り抜いた
刀匠の、あるいは戦士の記憶。

一ツ目の姿せし鉄の神は
……黙して語らず……

熱く燃える火焔の闇より引き出され、
冷たく凍れる姿は、
いとも奇しく 水をまとい。

荒れ狂う往古の夢に
心をかき乱すは 誰ぞ。

あやしくも 神さびたる巨きな禍ツ霊が、
たしかに息衝き、渦巻いている……

青鈍色の 風切羽。

刀身、遠き天雲の生き物よ――

いにしへのはるけき あめぐもにまうたか、
あおにびいろの かざきりばね。

刃紋は 雲のかたちをうつしてながれ、
刃先は イカヅチの光をうつしてひるがへり――

いまは羽をやすめる鳥のように、
しづかに うてなのうへにねむれるもの。

ウチにひめしタマハガネが見るのは、
いにしへの タタラのゆめか、
それともおのれのえりぬいた
刀匠の、あるいはもののふの記憶。

ひとツめのすがたせし クロガネのかみは
……もくしてかたらず……

あつくもえる カエンのやみより ひきだされ、
つめたく こおれるすがたは、
いともクスしく ミヅをまとい。

あれくるう いにしえのゆめに
こころをかきみだすは たぞ。

あやしくも かみさびたる おおきなマガツヒが、
たしかにイキづき、うづまいている……

あおにびいろの かざきりばね。

刀身、遠きあめぐものいきものよ――

祈呪歌(ハフリゴト)/葉影和歌集

解説

日本刀に捧げられた、鎮魂(たましずめ)の呪歌です。

そのかみ、「物(モノ)」というのは、すべて畏怖すべき「物身(モノザネ)」でありました。 ことに、熟練工の手で生み出された高度にして精巧な「モノザネ」には、余りにも強大な霊威が宿るために、 特に鎮魂(たましずめ)の言葉を捧げる事が慣わしとなっていたという事です。

縄文から弥生への移行期、新たなる神、新たなるモノザネとして出現した「鉄」。 灼熱の溶鉱炉や、鍛錬のたびに飛び散る火花を見て、職人の血が騒がぬといったら 嘘になる――記紀神話にも、鉄の物語が多く登場します。

数々の工程を経て、生み出される玉鋼(タマハガネ)――玉鋼(タマハガネ)と、 玉鋼(タマハガネ)を芯に含む日本刀は、 鉄の物語がたどり着いた、ひとつの極北であるとも申せましょう。


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺