深森の帝國§総目次 §物語ノ本流 〉 序章(頁.1)

序章 清ら月は道野辺に照り.頁.1.泉に月光(扉絵)

頁.1 〉頁.2-3頁.4-5頁.6-7頁.8-9頁.10-11頁.12-13頁.14-15頁.16目次に戻る

序章「清ら月は道野辺に照り」の扉絵では、 月光の差し込む泉と、その水中に仄かに立ち上る泡をイメージしている。 物語を始めるにあたって、序章の扉絵が「泉に月光」の光景となった理由は、以下のようなものである。

では、いよいよ物語の開幕である――


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺