深森の帝國§総目次 §当サイトについて 〉聾漫談5.補聴器小話

聾漫談5.補聴器小話

1頁

2-3頁

4頁

聾漫談6.あとがき》に続く

》補足説明

新型補聴器による情報量の増加は、 語音明瞭度などの実際のコミュニケーションの改善に直接の効果がある訳では無いようです。

ただし、新しい音情報が入って来るという事は、それだけ「耳で認識できる範囲が広がる」という事であり、 「周辺の変化に気づきやすくなる(=聴覚的な盲目度が改善する)」という変化が期待できるようです。

聴覚は本質的に「目に見えない感覚」であり、具体的に説明するのは、やはり難しい物のようです。 正常な聴覚が、膨大な音情報を如何に精密に処理しているかという事については、驚くべきものがあります。 「立体音」は、「立体視」よりも遥かに複雑なプロセスです。


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺