深森の帝國§総目次 §当サイトについて 〉聾漫談4.時間分解能

聾漫談4.時間分解能

1頁

2-3頁

4-5頁

6-7頁

8-9頁

10頁

聾漫談5.補聴器小話》に続く

》補足説明

補聴器の調整は、本来はオージオグラムの数値に合わせるのですが、 このケースの右耳は、聴覚補充現象が強すぎて感覚が耐えられない状態になっています。

そのため、例えばオージオグラムの70dB数値に対して、補聴器は50dB〜60dB増幅という風に抑えてあります。

正常耳だと殆ど無音状態(−10dB〜−20dB)という環境ですが、 聴覚補充の効果が強いので「違和感が入る」というレベルで分かるという事です:
右耳だけだと殆ど音を感じないが、両耳に補聴器を装着している状態であれば、 左耳からの音を30%〜40%ほど妨害(マスキング)する形で「違和感」が入る


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺