深森の帝國§総目次 §物語ノ拾遺書庫ノ目録(物語ノ拾遺・隔離版) 〉三千年の海戦史

『三千年の海戦史』――海洋国家と海洋軍事

読書ノート:『三千年の海戦史』松村劭(まつむら・つとむ)著、中央公論新社2006

本書は、古代の海洋軍事の記述が興味深い。 フェニキア文明・エーゲ海文明といった古代海洋文明を彩った戦闘用・輸送用の船の紹介から、 中世・近代・現代の海洋軍事の概略まで紹介されている。

【注意】――当サイトの管理人の知識不足が大きいため、読書にあたって、誤解もあるかも知れない…

文明都市のタイプ

◆海洋都市(貿易都市)
流れが緩やかで安定する大河川の下流部に出来る。
陸上交通路の集束点があればそこに陸の生産物と海の生産物を交換する市が立つ。
これが発展したのが海洋都市である。
◆大陸都市
大陸内交易で自給自足が成り立つ大陸国家の中で出来る。
陸上交通路の集束点を満たす大河川の沿岸に市が立ち、やがて大都市が出来る。
これが大陸都市である・・・例:洛陽、大都(北京)
◆港湾都市
防波条件の良い地形を持ち、陸地から海洋に向かって水深が急に落ち込み、大型船も接岸可。
陸地の生産量は安定しており、物資補給に不自由しない。
最初に漁村が栄え、後に港湾都市に成長する。

古代の海洋軍事の概観

ガレー船・格闘戦士の時代。

ガレー船は中世まで活躍する。 古代海洋文明は、東地中海に集中。即ち、エーゲ海文明とフェニキア文明。 当時、海洋で使われていた船は3種に分けられる:

【漁船】
冷凍技術が開発される前の漁業は、基本的に近海の沿岸漁業であった。
海洋戦略に関しては無視できる(現在は微妙?)
【輸送船】
船幅が船長の約1/2の「ガイロイ」という丸船が使われた。
幅があるのは姿勢を安定し輸送力を最大限にするため。メイン動力は帆走、サブ動力はオール。
【軍艦】
戦闘用。船幅が船長の1/5以下の「モネール」という長船が使われた。
運動力が高いが、風浪に弱く、航続距離は短い。メイン動力はオール、サブ動力は帆走。

輸送船が作る交易圏に比べて、軍事力による制海権はずっと小さい傾向にあった。 いずれの大型船も、乗組員は300名〜350名を超える事は無かったと推測される。 地中海沿岸の住民にとって、海戦は陸戦の付属として、日常茶飯事であった。

図版:トライリーム(古代のガレー船/三段櫂船)

出典:wikipedia

》ガレー船(トライリーム/三段櫂船)

櫂の漕ぎ手60名〜170名を上下3段に配置して高い速力を得た (アテナイのそれの船員は漕手170人、補欠漕手・水夫・戦闘員30人の200人、 攻撃時の最高速力およそ10ノット)。

帆を備え、風力でも移動できるが、地中海では風はあてに出来なかった。 この種の軍船は船底最前部に青銅で補強した衝角(約3メートル)という突起物を備え、 敵船に衝突して船腹に穴を穿って浸水させ、行動不能とすることを目的とした。 敵方のオールを折って行動力を奪う事も戦法のひとつであった。

機敏な動きを可能にするため、戦闘用の船には必要最小限の物資(主に武器)しか積まず、 長期の移動中は、水や食料を搭載する多数の補給船団を引き連れて行動した。 遠方で作戦を行なうときは、陸にある基地を乗り継いで物資補給する必要があったため、 基地を守護する陸軍動員力、および基地周辺海域の制海権も必須であった。

中世の海洋軍事の概観

帆船に大砲・騎馬戦士の時代。

中世ビザンティン帝国の陸軍・海軍はとても強大で、 中東(イスラーム)側は、ボスポラス・ダーダネルス海峡の制海権をもてなかった事、 はからずもビザンティン帝国がイスラーム膨張に対する防壁となって、 西欧は中世の平和を満喫した事、が言及される。

※さらに付記すれば、大陸(カフカス平原)側は、 ハザール王国がイスラーム膨張に対する防壁となったらしい。

また、地中海沿岸を荒らしたヴァイキングには、当初、制海権という概念が無かった。 故にヴァイキングは、わずかな海軍力にも関わらず制海権に注意を払っていた ビザンティン海軍に勝てなかった。ただし、シチリアを征服して、 ノルマン系の両シチリア王国を建国して公認をもらう。

後世、ビザンティンが弱体化したときに、十字軍が出たという事である。 イスラーム勢力を押し返すという政治的判断があった――と言われているが、 この辺りの目論見は、諸事情入り乱れていたというのが実際に近いのではないかと思われる。

東方(唐王朝時代)では、アラブ人とペルシャ人がインド洋の制海権を握り、 インドネシア人が東南アジアの制海権を握り、その勢力はシナ大陸南岸部まで及ぶ。 そして、インド洋と東シナ海を結ぶ貿易がスタートした。 (主にアラブの三角帆船。インドネシアは多分、アウトリガー・カヌー。ジャンク船は少し後?)

》ヴァイキングの船

戦闘用ロング・シップ
「カッパー」と呼ばれる。
一般に船長35メートル以下、船幅8メートル以下、 両舷に各々10挺〜16挺のオールを備えて、これをメイン動力とする。
四角の帆を立てて、追い風のときのみ帆走。初期の乗組員は60〜100名の兵士であったが、 9世紀末期には大型化し、200名の兵士を乗せるようになる。
輸送用ラウンド・シップ
1本マスト縦帆で、前後が同形状の船。後に横帆を複合することで大型化に成功する。
(分かりやすいイメージとしては『ワンピース』のルフィの船だけど、厳密には前後同型では無いので注意)

》中世の地中海で活躍した様々な帆船

戦闘型2本(3本)マスト縦横複合帆ガレオン
中世時代にもっとも活躍した船で、図版にも良く出てくる。
イメージとしては『ピーター・パン』のフック船長の船。
船尾にキャビンと呼ばれる船室を持ち、前方のサブマストには派手な飾り絵の付いた縦帆、 メインマストには大きな横帆、船首が長く突き出している。大航海時代にも活躍。
ジーベック・ガレー船
帆と艪を併せ持った船。古くはエジプト文明に既にあったとされる古式の船。
通常は長くしっかりとした1本のメインマスト、大きな三角の縦帆が1枚、船の両舷に艪が沢山付いた形。
入り組んだ地形の海岸線で小回りが効き、アドリア海の海賊に重宝される。

海洋国家の性格(海洋国家と大陸国家の比較)

◆海洋国家

◆大陸国家

◆◇海洋国家の国力の指標◇◆

  1. 海洋交通の要衝に位置する戦略的地勢
  2. 優れた基地としての軍港の戦略的展開
  3. 海洋民族性の国民(シーマンシップの普及)
  4. 海洋国家としての政策力(工業力・民度・外交力・海空軍力を追加)

――(補足)この場合の工業力とは、付加価値の高い輸出製品を作れる能力

◆大陸国家の海洋進出について

大陸国家に対する海洋国家の国家戦略

◆基本ポリシー

◆海軍基地に求められる条件(空軍基地にも同じ条件が求められる)

・・・海軍基地に向くのは、防波条件が良く、物資補給の容易な港湾都市である・・・

  1. 気象・海象条件が港湾に適し、1年中利用ができる。
  2. 外敵の攻撃に対して防御が容易で出撃が迅速にできる。
  3. 軍艦に必要な人員・物資の補給が受けられる。
  4. 人員の休養・艦艇の整備ができる。

――(補足)最初の2点だけ満たす場合、一時停泊に向く「泊地」となる。

◆海軍の戦闘ドクトリン(=基本戦法のことらしい)の変化

  1. 手漕ぎの時代・・・戦闘陣形は横陣
  2. 帆船に大砲を搭載する時代・・・戦闘陣形は縦陣
  3. 潜水艦の群狼攻撃から通商防護する時代・・・戦闘陣形は方陣
  4. 空母機動部隊が主役の時代・・・戦闘陣形は円陣(現代、円サイズは拡大中)
  5. (将来の)核戦争の時代・・・戦闘陣形は小円陣の分散連携(予想のみ)

――(補足)基本的に、海洋国家の国防線の先端は、大陸側の基地港の背後に敷く

海洋軍事に関する格言4つ

【1】ギリシャの格言
「軍隊ほど儲からないものはない。しかし、軍隊がなければもっと儲からない」

小アジアに強大なペルシャ帝国が出現したときの格言。 イオニア商圏に依存していたギリシャ諸都市は、ペルシャ帝国に怯えつつ、 イオニア周辺海域を通行する羽目になった。 イオニアから食糧も輸入していたため、影響は相当なものだった。

【2】サラミスの海戦に際しての名セリフ(?)
「勝利は計画の中に既にあり!神は不注意を決して許さないことを思い知れ」byテミストクレス

ギリシャ・テミストクレス執政官 vs ペルシャ・クセルクセス王の戦いの時の格言。 サラミス水道の湾曲部の奥に背水の陣(というより背陸の陣?)を敷いたアテネ艦隊の姿に誘われて、 ペルシャ艦隊が狭い水道に入り込み、身動きが取れなくなって混乱したのを見て。

【3】ペロポネソス戦争に巻き込まれたミロス島の悲劇
「中立は強力な武装によってのみ成り立つ」

アテネ対スパルタの覇権争いの際の格言。 スパルタとの戦争を有利に運ぶため、アテネは非武装中立を貫いていたミロス島を予防占領。 ミロスの男性はすべて殺され、婦女子はすべて奴隷として売られた。

【4】アレクサンドロスのエジプト占領
「海軍基地を制するものは海洋を制する。基地とは、樹の根であり大地である。 1年中、独立的にすべての海軍資源が入手できる戦略的な場所でなければならない」byアレクサンドロス大王

アレクサンドロス大王は、イッソスの戦いの後、ユーフラテス川に沿って退却するペルシャ軍を深追いせず、 ガザ占領、エジプト占領に力を注いだ。 ペルシャ海軍基地を軒並み破壊し、アレクサンドリアを築く。


§総目次§
物語ノ岸辺物語ノ本流物語ノ時空物語ノ拾遺